社内コラムファクタリング関連の情報をお届けいたします

ファクタリングと建設業は相性抜群!成功事例で分かる資金調達のコツを徹底解説

2018年08月31日

 

 

Mentor Capitalです。

 

 

今回は建設業とのファクタリングの相性について解説したいと思います。

 

 

 

 

 

ファクタリングは基本的にどのような業種でも活用していけるものですが、最も顕著に利用されている業種は建設業となります。

しかし、建設業がファクタリングを用いている根拠とはどのような点にあるのか、

建設業がファクタリングを活用することでどのような効果が生じるのかについてはなかなか知る機会が薄れていることだと思われます。

当記事では、建設業がファクタリングを用いる理由やそこまでに至る背景などについて解説していきます。

 

 

 

建設業がファクタリングを活用するようになった背景とは

 

 

建設業は、従来、手形による現金化手続が極めて煩雑かつ長期に及んでいた傾向にあり、

そのなかでもとりわけ中小業者が資金繰りにあえぎ苦しんでいたという背景があります。

これにより、全ファクタリング手続のうちの30%相当のものについて建設業が占めているとされています。
 

建設業の特徴

 

 

建設業の特徴とは、継続的に受注をしている場合が多いことが挙げられますが、これがファクタリングとの相性を良好にしているものといえます。

ファクタリングを活用することにより、資金繰りの悪化を抑制できるばかりか、

早期に資金調達を実現できるとなると事業拡大の契機を勝ちうる機会がそれだけ得られたことになるわけです。

建設業のみならずどのような業種であっても、ファクタリングによる早期の資金調達が事業の拡大に資するといえます。

 

 

どのような理由で建設業がファクタリングを利用しているのか

 

建設業でファクタリングの利用頻度が大きい根拠としては、建設業の性質にあるといえます。

建設業では、提供する役務に不可欠な人員へ支払う給与、それに材料に相当する資材費用などについて、元請け業者から対価を得る前に支払っている場合がほとんどです。

 

つまりは、現金を獲得するのが相当先である場合がほとんどとなっているのが現状といえます。
その分、一度あたりの事業における売上額も相当高額となるものの、これに投じる費用面も当然に巨額なものとなってくるのです。

建設業では、先んじて投じる費用が大きいために資金繰りについても何らも良好とはいえません。

資金調達によって現金を準備できさえすれば、資金繰りを容易に解決にできる場面も少なくないのです。

ただ、融資という手段を用いてしまえば、借入までに1カ月はかかってくることも多々あります。

 

しかし、ファクタリングを用いれば、最速で契約日の次の日には現金が振り込まれますから、急遽現金を得ておきたい場面でもファクタリングが用いられるのです。

 

手形からの遷移

建設業では支払に手形が用いられる場合も多かったです。最近では流石にファクタリングがメインとなっているのですが、

手形ともなると建設業の場合、元請けとなる事業者が倒産してしまえば、いわゆる不渡りともいわれる手形が決済できない状態に陥ってしまい、

 

下請けとなる企業もこの煽りを受けて倒産する余地が高まります。

ただ、ファクタリングでは、手形のような不渡りのような概念はなく、売掛債権を買い取ってもらいさえすれば、

 

元請けが倒産に至った場合でも支払う必要性は出てきませんから、ファクタリングを契約した時点で損失の危険性を回避することが可能です。

これにより、ファクタリングを手形の代わりに利用する会社が増えている現状となっています。

 

ファクタリングの活用事例

 

建設業でファクタリングが実際にどのように活用されているかを解説していきます。

土木工事を専門に請け負う建設業者において、高速道路関連の事業を請け負ったものの、

 

その間に競合下請け業者のうちの1業者が倒産したために、これの補填を要する場面に遭遇したことを契機とするものです。

かかる事業が7カ年計画であったことから、先の見通しについての修正が容易であったこともあるのですが、

 

受注の適否を決定するに際して、補填に関しての受注につき、資金を獲得するために長期間に及ぶ傾向のある融資よりも、

 

資金調達までの期間を要しないファクタリングを採用したため、このような状況を回避するに至ったものです。

ちなみにこの事業の元請けとの間で数年間もの継続的受注が功を奏し、ファクタリングの審査でも優位となったために、

 

ファクタリングのなかでも2社間ファクタリングを選択し得たとのことです。

そして、ファクタリングによって資金調達を実現した後、見事受注に至りました。

このような事例からすれば、3社間ファクタリングを選択すると、元請け業者から疑義を抱かれる余地が生じる可能性があったのですが、

 

2社間ファクタリングを選択したためにその可能性も皆無になったといえるでしょう。
 

 

最後に

 

建設業の特徴は、取引の都度、原価や売上が高額になることにあります。

 

そのため、一度一度が貴重な取引となることから、資金調達における諸々の種類について把握しておく必要があるのです。

建設業が資金調達の必要性が感じられる際には、どのような手段で資金調達を実施するかを検討した上で、

 

ファクタリングなどのベストな資金調達を実施することが重要です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

何か不明な点等が有れば、お気軽にメンターキャピタルまでお問合せ下さい!!