ファクタリングの支払いについてPayment

ファクタリングの支払い・契約の流れについて

ファクタリングの契約をしたら現金を口座に入金してもらうことができますが、買い取ってもらった売掛債権にかかわる売掛金をファクタリング業者に支払わなければなりません。ファクタリングを利用したときにはこの支払いを正しく行わないとトラブルになってしまうので注意が必要です。ファクタリングの支払いの流れについて理解し、支払いの期日がどのようにして決まっているのかも確認しておきましょう。

ファクタリングの支払いの流れは契約の仕方で違う

ファクタリングを利用したときのファクタリング業者への支払いをどのような手順で行うかは契約の種類によって異なります。ファクタリングでは三社間ファクタリングと二社間ファクタリングのどちらかを選択することになり、業者によって一方のみにしか対応していないこともあれば両方に柔軟に対応してくれることもあります。このストラクチャーの違いを理解することが流れを知る上でも重要なので、それぞれの違いを確認しておきましょう。

三社間ファクタリングの場合にはファクタリング会社と売掛先の会社を含む三社での取引をすることになります。ファクタリングを利用する会社は売掛債権をファクタリング会社に譲渡した対価として現金を手に入れ、その譲渡の事実を売掛先の会社に伝えます。そして、ファクタリング会社は直接売掛先の会社から売掛金を受け取るのが三社間ファクタリングの特徴です。

これに対して二社間ファクタリングの場合には売掛先の会社にファクタリングをしている情報が伝わることはありません。二社間というのはファクタリングを利用する会社とファクタリング会社のことなのです。この場合には売掛金はもともと売掛債権を持っていた会社に入金されるので、ファクタリング会社への支払いというプロセスが発生します。

このような違いを加味して、それぞれの場合について支払いの流れを簡単に確認しておきましょう。現金の流れがわかりやすいように契約が成立した時点からの流れを説明します。

三社間ファクタリングの支払いの流れ

三社間ファクタリングの場合にはファクタリングを利用する会社は契約をした時点でファクタリング業者から現金を振り込んでもらえます。金額は買取金額として提示されたもので、売掛金から手数料を差し引いたものです。この後、譲渡した売掛債権に基づいて売掛先の会社が支払いをしなければならない時期がやってきます。このときに売掛先はファクタリングを利用した会社に支払うのではなく、ファクタリング業者に支払いをします。これによって取引が完了し、三社ともに債権も債務もない状況ができあがります。

二社間ファクタリングの支払いの流れ

二社間ファクタリングの場合にも、ファクタリングの契約をした時点で売掛金から手数料を差し引いた金額の現金がファクタリング業者にから利用する企業の口座に振り込まれます。次に売掛債権に基づいて売掛先の会社が支払いをすることになったタイミングでは、売掛先の会社はファクタリングを使った会社に対して支払いをすることになります。つまり、この時点ではファクタリングを使った会社がファクタリング業者、売掛先の会社の両方から現金を取得したことになるのです。ただ、二社間ファクタリングの契約によってファクタリングを利用した会社はファクタリング業者に支払いをしなければなりません。そのため、ファクタリングを利用した会社は売掛金の入金を受けたら期日までにファクタリング業者に振込をすることになります。これによって全ての取引が成立して債務も債権もない状況になるというのが一般的な流れです。

支払いの期日についても契約による違いがある

ファクタリングの契約の仕方次第で支払いの流れには違いがありますが、二社間ファクタリングか三社間ファクタリングかによって支払いの期日についての考え方も異なります。これについてもそれぞれについてどう考えたら良いのかを理解しておきましょう。

三社間ファクタリングの場合の支払い期日

三社間ファクタリングの場合には売掛先の会社から直接、ファクタリング業者に支払いをするという形になります。そのため、ファクタリングを利用した会社は特に支払いについて気に欠ける必要がないというのが原則です。ただ、現実的な問題としては売掛先の会社が払えないというトラブルが起こることもあります。その際にどう対処すべきなのかは契約の内容によって違うので詳細に確認をしておくことが大切です。売掛債権の内容から考えて、ファクタリング業者に入金されるべき適切なタイミングは必ず存在します。それよりも遅れる場合に催促するなど、行わなければならない対処について契約に盛り込まれていることが多いので確認しておく必要があります。

二社間ファクタリングの場合の支払い期日

二社間ファクタリングを選んだ場合には厳禁の流れが売掛先の会社、ファクタリングを利用した会社、ファクタリング業者となるので、ファクタリングを利用した会社がファクタリング業者に支払う期日が定められます。ファクタリング業者によって支払い期限の設定の仕方には違いがあるため、ファクタリング業者を選ぶときの基準の一つとして考えることもできるでしょう。

二社間ファクタリングの場合の支払い期日は基本的には売掛債権の内容に基づいてファクタリング業者ごとに独自の方法で決めています。詳しくは契約書に基づくのでケースバイケースですが、一般的な方法は売掛金が支払われるべき期日から10日~15日を支払いの期限として設定しています。この期日は交渉可能なので例えば20日としても問題はありません。法律によって厳しい制限を受けているわけではないからです。ただ、期日をできるだけ短くしたいというファクタリング業者が多いのは確かなので交渉によってファクタリングを使えなくなるリスクがあることも念頭に置いておかなければなりません。

支払い期日の設定方法からわかる二社間ファクタリングのリスク

支払い期日は本当なら売掛金の振り込みがあった当日または翌日にしたいというのがファクタリング業者の本音でしょう。それにもかかわらず二週間前後の猶予を与えてくれているのには理由があります。売掛債権が想定した通りの金額で予定されていた期日に入金されるとは限らないからです。二社間ファクタリングではその点も加味していて、売掛先の会社からの支払いの遅れが少しくらいあったとしても負担がないように支払い期日を定めています。その代わりに売掛先の会社からの債権回収はきちんと行うことが求められているのです。三社間ファクタリングの場合にはファクタリング業者は売掛債権を手に入れられるだけで、金額が減ったり、支払いが遅れたりしたときのリスクをファクタリング業者が持つことになります。この影響で三社間ファクタリングよりも二社間ファクタリングを好む業者が多くなっているのが実態です。

まとめ

二社間ファクタリングか三社間ファクタリングかによってファクタリングの支払いの流れに違いがあるだけでなく、支払いの期日に対する考え方も変えなければならないのは事実です。売掛先の会社からの入金が遅れる可能性もファクタリングを利用するときには留意しておかなければならない点です。ファクタリングによる資金調達をする場合には流れと支払い期日の考え方の違いを理解して、二社間ファクタリングか三社間ファクタリングかを選ぶようにしましょう。