社内コラムファクタリング関連の情報をお届けいたします

ファクタリングによる資金調達のメリット

2017年10月20日

 

今回は、ファクタリングによる資金調達のメリットについて解説します。

 

メリットその1.審査が甘い資金調達方法

 

ファクタリングを利用したい会社が

 

借入額に対して利益が不十分

自己資本比率が低い

事業歴が浅い

税金の未納がある

赤字決算

借入額が大きい

返済事故を起こしている

経営者が自己破産をしている

銀行のリスケジュール中・・・

 

でも、ファクタリング審査にはほとんど関係なく、売掛金をファクタリング会社に支払う「売掛先(クライアント)」の信用力があれば、それで審査は通るのです。

銀行融資やビジネスローンで資金調達できなかった方の駆け込み寺が「ファクタリング」という資金調達方法と言っても過言ではないのです。

 

メリットその2.最短即日の資金化が可能

 

「2社間ファクタリング」であれば、最短即日~2営業日での資金化が可能になっています。

 

メリットその3.売掛先(クライアント)に知られずに譲渡できる

 

2005年(平成17年)に「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」が施行され、債権譲渡登記制度が確立されました。

法人登記、不動産登記・・と同じように登記所に「債権譲渡」の登記ができるようになったのです。

この債権譲渡登記ができるようになっため、「売掛先(クライアント)の債権譲渡への同意」をもらわなくても、

公的に債権が譲渡された証拠ができるので、売掛先(クライアント)の債権譲渡への同意が不要な「2社間ファクタリング」が利用できるようになったのです。

 

メリットその4.今後の融資に影響がない!

 

ファクタリングでの資金調達の場合は、BSにはほとんど変化はありません。ファクタリングにはBSを汚さずに資金調達できるメリットがあるのです。

 

以上がファクタリングのメリットになります!!

 

何か不明な点など有れば、お気軽にメンターキャピタルまでお問合せ下さい!!