社内コラムファクタリング関連の情報をお届けいたします

ファクタリングで翌々日に資金調達!最もスピーディーに資金調達できる理由とは?

2018年09月05日

 

 

Mentor Capitalです。

 

 

今回は最もスピーディーに資金調達できるファクタリングについて解説したいと思います。

 

 

 

ファクタリングでは、最短即日から翌々日程度といった感じで、相当迅速に資金調達を実現できますから、

いきなり舞い込んできた資金を要する場面でも役立つ、柔軟な対策法といえます。

ほかの融資などの資金調達手段と比べて、特に緊急時にも役立つ資金調達手段といえるのです。

翌々日までに資金調達を期待できるファクタリングについて詳しくみていきましょう。

 

 

ファクタリングが早期に資金化できるメカニズムとは

 

 

ファクタリングは、売掛金の買取によって早期に資金化を可能とするもので、翌月以降に入金されるはずの売掛金を翌々日には得ることも可能です。

具体的にいうと、あるファクタリング業者の場合には、入金サイトが50日のところを翌々日には現金化にすることも可能であるため、

つまりは予定より48日も早期に資金にできる計算となります。

しかも、この買取額については上限や下限がないため、相当幅広く活用できるわけです。

 

 

ファクタリングによって翌々日までに資金化を実現できた事例

 

 

ファクタリングを利用したことで、翌々日(2営業日程度)で資金調達できたケースはとても多いです。

ファクタリング業者のなかには、即日での資金調達は不可ではあるものの最短翌々日では可能というところもあります。
申込日の翌々日にはファクタリングできた、翌々日には間に合わなかったが3営業日までには資金調達できた、などといった事例もあれば、

金曜日に面談を受けて、次の週の月曜日には支払うことができた」というケースもあるようです。

これはファクタリングによってどの程度で資金を獲得できたのかは明らかではありませんが、実質翌々日に必要とされていた資金繰りがファクタリングによって間に合ったということですね。

 

 

翌々日までに資金が必要である場合など、資金調達を急遽しなければいけないときにはファクタリング

 

 

ファクタリングでは、最速即日で資金調達を可能にするのですが、ファクタリング業者によって審査や契約手続に要する時間は異なってきますから、

概ね翌々日ほどで資金調達を実現している場合が多いようです。
もちろんのこと、融資だとどうしても資金調達までに時間がかかってきますから、こうした意味で翌々日までに資金化を実現することに期待できるファクタリングの利用を検討している人が激増しています。

このようなニーズであれば、審査が迅速かつ即日対応でき、翌々日までには資金化できるファクタリング業者を選ぶことが適切です。

 

 

ファクタリングは、他の資金調達方法とどのように異なるのか

 

 

先述したとおり、ファクタリングは活用しやすく、現金を手にするまでの迅速性にも優れた資金調達方法であり、

急遽資金を得なければならない場合でも翌々日までに現金を調達できることが多いです。

ほかの資金調達方法として融資も思い浮かべられますが、ファクタリングとはどのように異なっているのかをみていきましょう。

 

 

資金調達までの日数を方法別にみると

 

 

融資では「最短即日融資」ということをよく謳っていますよね。即日とまでいかないまでも、果たして翌々日までに資金調達を実現できるのでしょうか。
金利の低めな公的融資だと、3週間から1カ月程度はかかってきます。

銀行融資の場合には、2週間から3週間ほどかかってくるのが通常です。

また、不動産担保ローンについては、申込みの翌々日の次の日(つまり3営業日)から2週間程度となっています。

最後にノンバンクでの事業者カードローンについては、最速即日融資も可能ではあるのですが、翌々日に資金調達を可能としていることが多いです。
つまり、ノンバンクでの事業者カードローンとファクタリングのみが翌々日に資金調達を実現できる可能性があるというわけです。

ただ、ノンバンクはファクタリングとは異なり、必ず資金調達を必要とする申込会社に対して審査がなされ、

これにともなう提出書類の準備などでさらに日数がかかってくることが一般的ですから、申込みの翌々日で資金調達ができたとしても実質的にはそれ以上の日数がかかってくると解されます。
よって、現実としては、ファクタリングが最もスピーディーな資金調達方法といえるでしょう。

 

 

メインの審査対象が何であるかによって、審査の難易度がまったく異なってくる

 

 

最短即日、翌々日までに資金調達を実現できる余地のあるファクタリングですが、こうした審査の迅速性は審査に受からなければ意味がないわけですよね。

事業者カードローンでいくら最短から翌々日までに融資可能だとしても、審査に落ちる可能性もあるわけです。

 

審査に落ちたことで、転々と業者を渡り歩いては、その分時間をロスしてしまいます。
それにノンバンクの審査では、赤字かどうかなどについても見られるのですが、ファクタリングではそのような審査は売掛債権を保有している取引先に対してされるわけです。

つまり、審査が甘いといえるのがファクタリングの強みでもあるといえるでしょう。
審査に何らかの不安を抱えているような状況で、翌々日までに資金を得ておく必要がある場合には、

ノンバンクの事業性資金で借入するよりもファクタリングを利用することのほうが適しているといえるでしょう。

 

 

最後に

 

 

以上のとおり、ファクタリングは、申込日から起算すると最短即日、翌々日までには資金調達できる可能性が極めて高い資金調達方法といえます。

審査に通過するかで困っているような場合には、積極的にファクタリングを用いていくことをオススメします。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

何か不明な点等が有れば、お気軽にメンターキャピタルまでお問合せ下さい!!