社内コラムファクタリング関連の情報をお届けいたします

お金が欲しい方必見!ネット副業を含めて合法的にお金を稼ぐ方法をご紹介

2019年08月07日

 

 

Mentor Capitalです。

 

 

 

今回は、ネット副業を含めて、合法的にお金を稼ぐ方法について解説したいと思います。

 

世の中現金が全てではありませんが、生活していく上では何かと現金が必要になるのも事実です。

返済や支払いなどある程度の猶予があるものは問題なくても「今すぐ現金が必要!」という状況に陥ると金策が大変です。

もっと現金があれば欲しい物を遠慮無く購入し、やりたい事を思う存分楽しむ事も可能となり自身の生活レベルを豊かなものにする事ができるでしょう。
ここではそんな方達に向けて、合法的に現金を手に入れられる方法を厳選いたしました。少しでも興味を惹かれたのなら、是非ともチェックしてみて下さい。

 

 

 

 

合法的に現金を手に入れる方法

 

 

 

 

ひと口に「合法的に現金を手に入れる方法」と言っても多くの手段がありますので、

ここでは取り組みやすい順番に「初級編」「中級編」「上級編」、そして特別編とも言える「エクストラ」に分類して紹介します。

 

 

 

合法的に現金を手に入れる方法【初級編】

 

 

 

・不用品を売る

 

簡単に今すぐ現金を作りたい方に特におすすめの方法なのが、不用品を売却し現金を得る方法です。

少し家の中を整理すれば使わない物や要らない物は必ず出てきます。
本やCDならブックオフや個人経営の古本屋、ブランドものや服飾類はリサイクルショップや質店などに持ち込むと思わぬ高値が付くことがあります。

人気物、ブランド物ほど高く売れる傾向にありますので、自身の現状に合わせて必要な分を売却するようにしましょう。

ただし、ネットを使った個人の不用品取引が台頭する現在は、実店舗のチェーン店などは売上が伸び悩んでいます。

かつて古本やCDの売買で一時代を築いたブックオフが赤字となったニュースも記憶に新しい所です。

手早く買い取って貰えるのがメリットではありますが、実際に持ち込んで価格に納得できない時は他店、またはインターネットオークションやフリマアプリなどを検討した方が良いかもしれません。

また、古本屋やリサイクルショップに限らず実店舗に足を運ばずに品物を売却できる「宅配買い取り」サービスが人気ですが、

最近では品物の写真を撮るだけですぐに現金が手に入る「CASH」というアプリも登場しています。

今後も即現金化アプリ・システムは増加するでしょうから、不用品の売却で現金を得る方法はますます便利になっていくはずです。

 

 

・質屋で現金を借りる

 

どうしても売る物が見つからない場合や持ち物を売却したくない場合は質屋を利用するのも良い方法です。

基本的に質屋は月利で9%が上限となっていますが、これはクレジットカードやカードローンに比べると非常に高金利です。

しかし、1ヶ月程度の短期間を想定すれば負担は少ないのではないでしょうか

地域の質屋を利用するのも良いでしょうが、現在では高山質店をはじめこれまでのイメージを覆すようなサービスを持つ質屋が全国展開しています。

トラブルを避けるためにも、なるべく名の通った質屋の利用をおすすめします。

 

 

 

 

 

・転売

 

数に限りのある限定品や新作をいち早く購入し、ネット上で売る事で多額の利益を得る事も可能なのが転売です。

近年では個人だけでなく、業者などが人海戦術を駆使し大々的に参入してきた事で主にネット上では批判の対象となっています。
転売屋とも揶揄される営利目的の行為で本来欲しかった人が購入できない状況であることから当然と言えば当然でしょう。
しかし転売には「発売場所が遠くて購入できない」や「時間が無くて買いに行けない」といった方の為の「買い物代行」のような活動も含まれます。

モラルを守り買占めなどを避け、他の購入者の迷惑にならない範囲で小規模に行えば問題は無いのではないでしょうか。

売れるものが見つからなければ難しく感じる転売ですが、「新発売」「流行もの」の2点を抑えれば自ずと売れる商品が見えてくるのではないでしょうか。

ヤフオクの実績を見ると、電子タバコの「IQOS」や任天堂の「クラシックミニ」、ブラウザゲームのローソン限定のタイアップ商品などが定価よりも高値で取引されていました。

他にも、ポテトチップスが生産を中止するニュースが流れた事から、高値で取引された例もあります。

そういった情報を見逃さず、早めに仕入れを行えれば高額を手にする事も可能です。

 

 

・せどり

 

主に新商品を扱う転売とは違い、主に中古品やバーゲン品を扱いうのが瀬取りです。

扱うジャンルは本やCDをはじめ、電化製品やフィギュアなど多岐に亘ります。転売同様主にヤフオクなどのネットオークションサイトで販売します。

かつては非常に目利きが必要な玄人向けの方法でしたが、バーコードを読み取るだけで価格差を表示するガジェットが一般的に販売され全くの素人でも簡単にせどりに参入できるようになりました。

驚くべき事に現在ではスマートフォンでも価格差を表示するアプリが登場しています。

せどり人口が爆発的に増加し数年前よりも稼ぎにくい環境ですが、オークションサイトなどを利用して確実に利益を上げている方はまだまだ存在しています。

家電店やリサイクルショップ、CDショップなどでもせどりを行えますが、どちらかと言えば都市部よりもせどり人口の少ない田舎の方がせどりを行いやすいでしょう

都市部以外にお住まいでリサーチ力に自身がある方は、是非ともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

・ポイントサイトを利用する

 

 

有名なもので言えば「げん玉」や「モッピー」などのポイントサイトの利用で現金を手に入れる方法です。
様々なポイントサイトが存在しますが、どのサイトも一度ポイントを貯め現金に交換するという手法をとっています。

アンケートやゲームのダウンロードなどはポイントが少なく、逆にカードローンの申し込み、会員登録などは高額になる傾向があるようです。

数多く存在するポイントサイトですが、現在は多くのサイトがスマートフォンに対応しているので空き時間にゲーム感覚でコツコツ稼ぐ事ができるのではないでしょうか。

一気に高額を稼ぐ事も可能ですが、ポイントが高めの申し込みや資料請求などはその後の対応も必要となるので注意が必要です。

 

 

・キャッシュバックやキャンペーンを利用する

 

携帯電話のMNP(マイナンバーポータビリティ)を利用し、何度も乗り換えを行い大金を稼ぐ手法が話題となりました。

現在ではキャッシュバック規制が行われた事で鎮静化しましたが、携帯電話以外でもキャッシュバックを行うサービスは存在します。

中でも、多額のキャッシュバックを受けられるFX口座開設が注目を集めています。

口座を開設し入金の必要があり、ある程度資金が必要ですが、複数回開設すれば入金や初回取引額以上の金額を手にする事ができます。

どのような方法であれ、早めにキャンペーンに参加した方が良いのは間違いありません。

キャッシュバックやキャンペーンなどの情報に、常にアンテナを張っておくべきでしょう

 

 

・単発アルバイトに参加する

 

自身の都合に合わせて参加できる単発のアルバイトは利便性が高いのではないでしょうか。

主に派遣会社が募集を行い、一度登録すれば参加可能なアルバイト情報を逐一連絡してくれます。

大学生やフリーターが従事するイメージですが、日雇い派遣の法改正が行われた事で副業として利用する方も増えています。
副業の場合「年収500万円以上」「主たる生計者ではない」などの細かな条件がありますので、不明点は登録したい派遣会社に確認すると良いでしょう。

当日中に給料がもらえる「即給」、「翌日振込み」など当日中に給料を受け取る事ができるサービスを行っている会社も多くありますので、

なるべく早く現金を手に入れる為に応募前に事前に調べるようにしましょう。

 

 

・カードローンに申し込む

 

定職にも就き安定した収入がある場合はカードローンの利用も可能です。

三井住友、UFJや楽天銀行などの銀行系カードローン、アイフルやプロミスなど金融業者のカードローンなど各社多様性を打ち出した幅広いカードローンが存在します。

高額借入のイメージがありますが、5~10万円から借入可能なものもあるので、自身に合ったカードローンが見つかるはずです。

多くの業者が即日融資可能であるばかりでなく、数百万の高額融資額を設定しており融資限度額で契約できれば、住居や教育、レジャーや自動車などの高額な買い物にも活用できます。

 

 

・クレジットカードでキャッシング

 

所有するクレジットカードにキャッシング機能が付随する場合は、キャッシングを利用できます。

キャッシングは自身の銀行口座から出金できるのはもちろんの事、コンビニのATMから引き出して簡単に現金を作る事が可能です。

ただし、これからクレジットカード申し込みを行う場合、キャッシングが行えるまで時間がかかりますので、申し込み時にキャッシング機能を付けている方限定の方法だと言えます。

また、カードローンにも言える事ですがリボ払いを選ぶと、返済が長期化する事になりかねません。

利便性が高く余分に使いそうになりますが、利用は必要最小限に留めるべきでしょう。

 

 

 

 

合法的に現金を手に入れる方法【中級編】

 

 

 

・治験に参加する

 

 

 

治験に怪しいイメージを持つ方も少なくないでしょう。
治験は発売前の薬を国に認可してもらう為、被験者を集め有用性を確認する試験です。

製薬会社が治験を募集する医療機関に委託し、募集が行われます。

大々的な募集は行われないので怪しいイメージを持ちがちですが、全国各地の医療機関で常時募集を行っています。

被験者に投与される薬剤などは動物実験をクリアし、更に何度も調整を重ねほぼ完全に安全性が確保されたものとなっています。

治験スケジュールは1週間以内から1ヶ月が中心ですが、待機日や予後検査を含めると2~3カ月、長いと1年程かかる長期のものもあります。

最初の事前検査時点でも「交通費」という名目で平均1,000円~3,000円ほどの現金が手に入り日給換算すると1日で1万円前後となるものが多く人気も高いのですが、

参加する為には年齢や体重、血液検査や尿検査など厳しい検査を突破する必要があります。
試験当日の検査で不合格となってしまっても3,000~1万円ほどの謝礼金が渡されます。

健康に自信があり、時間的余裕がある方なら参加する事も可能です。

募集は比較的大都市に集中していますが、まずは自身の居住地の医療機関で治験を募集していないか探してみましょう。

 

 

・給付金や補助金を貰う

 

自治体や国などに申請し、補助金や給付金を受けられる場合があります。

定額給付金や福祉給付金など、国や自治体から給付される現金には様々なものが存在します。
現在失業中の方はハローワークで失業給付を申請できますし、介護休業給付や職業訓練受講手当など、特に経済状況が悪い方に向けての給付金は以外と充実しています。

また高齢化や過疎化が進む地域では移住するだけで給付金が受け取れる制度も増えていますが、こちらも全て申請をしなければ基本的に給付されません。

知らなければ損をする一方ですので、国や自治体のホームページを調べ、逐一情報を確認したいものです。

クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングはネット上で仕事の発注及び受注を行うシステムで、仕事の内容は単純なアンケートや社名などの考案、文章作成やイラスト作成などと諸々存在します。

完全に在宅で仕事が可能であり、主婦や学生も利用可能です。

仕事の少ない地域ではクラウドソーシングの取り組みが積極的なようです。

クラウドワークスやランサーズなどの大手をはじめ、クラウドソーシングサイトを利用して現金を稼ぐ事も可能です。

ライティングや動画作成、デザインやプログラミングなど幅広く募集を行っており自身のスキルに合わせて仕事が選べます

数分程度で完了する仕事は低単価ですが、専門性の高い業務や大規模なものであれば、1~2週間程度につき、5~10万円相当の収入が得られる可能性もあり、

実際に学生業や主婦業の傍らクラウドソーシングサイトで月に10万円以上を稼ぎ出すケースも少なくありません。

仕事の量に対し報酬が発生するので、黙々と作業できる方に向いているのではないでしょうか。

作業報酬を受け取ってからクラウドソーシングサイトから出金されるまで最低でも2週間から1ヶ月程度は必要です。

焦らずじっくりと取り組むべきでしょう。

 

 

 

合法的に現金を手に入れる方法【上級編】

 

 

 

・FXで稼ぐ

 

FXは正式名称を外国為替証拠金取引といい、米ドルやユーロなど為替取引によって生じた差益を収益とすることが可能です。

スマホであってもFX取引が可能となっているためにより身近になってきたことでしょう。

世界情勢によって、FXに係る為替が大きく左右されることから、先見性が要求されますが先取できれば収入となります。

上がるか下がるかの2択を予想するだけの簡単な取引ですが、為替や経済の知識が無い方が安易に挑戦すれば失敗するのは当然です。

また、FXには手持ち資金以上の取引が行えるレバレッジ機能があり、安易に利用すると大損する可能性が高くなりネガティブ情報の原因はこれだといえます。

得られる利益こそ少なくなりますが、例えば大手のFX会社であるマネーパートナーズは初回入金5,000円から取引が可能です。

少額からゆっくり技術を磨くのも良いのではないでしょうか。

また、現在では1,000円から取引できる「積み株」「One Tap Buy」といったアプリも登場してきています。

より長い時間をかけても良いなら、積立て型の投資を行うという方法も考えられるでしょう

以前よりもはるかに身近なものとなった投資。しっかりと取り組めば確実に現金を手に入れる事も可能なはずです。

 

 

 

・株で稼ぐ

 

FX同様、投資として人気が高いのが株取引です。

「いつかはチャレンジしてみたい」と考える方も少なくないのではないでしょうか。

1日に何度も取引を行うデイトレード、比較的短い間に売買を行う短期売買、相場を長期的な視点で見る長期売買などの手法が存在します。

デイトレードや短期売買などは、FX同様損得の激しい手法です。

じっくりと時間をかけて技術を習得したいなら、長期売買の方が向いていると言えるでしょう。

他にも、日頃から応援している会社の株を買っておけば、贈呈品や株主優待券などの特典を手に入れる事も可能です。

 

 

・不動産取引

 

株取引などと並び高額な不労所得が手に入ると謳う不動産取引は、価格高騰後に売る方法や家賃収入目的の購入などがありますが、そのどれもが一筋縄ではいきません。

一般の方が不動産取引を行うのなら真っ先に目を付けるのが家賃収入ですが、購入後入居者が集まらず維持費や経費で赤字になるケースは珍しくはありません。
成功の法則が掴みにくいジャンルですので、専門書などでしっかりと知識を身に着ける必要があるでしょう。

 

 

・ブログ運営を行う

 

ブログメディアオウンドメディアとに大別されます。

前者は個人を対象としたもの、後者は法人かあるいは法人に類するスタンスで設置されたものとなります。

ブログ運営で現金儲けをしようと思えば、グーグルアドセンスやアフィリエイトなどの手法が用意されていますが、そのほかにも自サイトに広告スペースを設置する手法も存在しています。

アドセンスの報酬目安は、1つの閲覧につき、0.2円となっています。

ブログ運営で大きく稼ぐためには、外部ライターに依頼することが効果的です。

しかしライターもその能力はまちまちでライターによってアタリ・ハズレが大きいと言えます。

ポイントは契約前にこれまでの執筆記事のファイルを提供してもらうことです。これによって、採否を決めてみてはいかがでしょうか。

 

 

・グーグルアドセンス

 

グーグルアドセンスはグーグルによる広告サービスのことで、サイト上にグーグルアドセンスを設けることでグーグルが当該サイトに関連するジャンルの広告を掲げ、

当該サイト運営者に広告収入を支給するものです。

例えば音楽制作メインのサイトでは、ソフトシンセのメーカーや楽器メーカー、DAWメーカーなどの広告が自動的に出現します。

月間10万アクセスほど稼げれば、1月概ね3万円ほど獲得できます。

30万アクセスでは月あたり10~20万円は獲得できることから、不労所得としても広告収益としても高額な部類に属します。

 

 

・アフィリエイト

 

自身のブログやホームページに掲載された商品を、閲覧者が購入する事で収入を得る仕組みのアフィリエイトで成功すれば、多額の現金が手に入る可能性があります。

有名なものであれば日本最大の広告数を持つと謳うA8.netが挙げられます。

A8.net内にはアフィリエイターが実際にどれくらいの金額を手にしているか掲載されていますが、最も高いもの月額1,000万円を超えています。

アフィリエイトの収入だけで生活する方達も現れ、ネット上では「寝ているだけで収入が手に入る!」というような文句も見かけますが、アフィリエイトはそう簡単なものではありません。

アフィリエイトを行う為には、ブログやホームページを開設した後にアフィリエイトプログラムに申し込む必要があります。

記事などのコンテンツを制作・分析し、必要に応じて改善を加えていく作業なのでとても地道な作業が必要になってきます。
しかしながら、運はあまり関係無く努力さえすれば成功率は非常に高い方法と言えます。

インターネット環境とパソコンさえ持っていれば誰でも挑戦できるアフィリエイト。

是非とも試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

合法的に現金を手に入れる方法【エクストラ】

 

 

 

 

・仮想通貨取引を行う

 

近年話題の仮想通貨ですが国内でも仮想通貨取引で大金を手にした話は後を絶ちません。

しかし急落の可能性、価格の相場が読めない事もあり非常に高いリスクがありますので、予備知識を持たずに参入する事は控え少額でチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

・特許申請

 

国の機関である特許庁が管理する製品や製造法などの特許は企業やメーカーなどが取得するイメージがありますが、実は申請自体は個人でも行えます

日本で個人が高額のロイヤリティを手にしたものと言えば、中澤信子氏の開発したダイエット用品「初恋スリッパ」、

笹沼喜美嘉氏の開発した洗濯機の糸くずを取る「クリーニングボール」などが有名でしょう。

しかし、中澤信子氏は試験的な販売を笹沼喜美嘉氏は売り込みを行うなど両者供いきなり特許申請を行った訳ではありません。
売れるかどうか分からないアイディアをいきなり特許申請するのでは無く、確実に成功する為にまず一度企業に売り込むのも良いでしょう。

特許申請の場合、申請後の審査請求や登録、弁護士の利用などを含めると10万円以上のコストが掛かります。
発想力に自信がある方は一考の価値があるのではないでしょうか。

 

・得意な事を現金に変える

 

日頃から趣味として取り組んでいるもので、長い間続けているものはないでしょうか。

インターネットやスマートフォンの発達で誰もが得意な事で現金を稼げるようになりました。

手芸やアクセサリーなどのハンドメイド系であれば、「minne」や「Creema」など専門の販売アプリが。

また、写真が得意な方は「PIXTA」などの写真販売サイトを利用すれば良いでしょうし、自分の時間を売る「TimeTicket」なるサービスも登場しています。

 

・ネット販売

 

自分で作成したものをネットを介して販売することも可能です。ネット通販の手段は次に挙げる3つに大別されます。

 

  • ・自己で作成したサイトで取り扱う
  • ・他社に委託する手段やオークションなどで売却する
  • ・オークションなどで売却する

それぞれのサイトに応じて、取り扱う商品が異なるため、あらかじめ調査しておく必要があります。

また、どの程度の補償が効くか、トラブルに発展した場合にどの程度関与してくれるのかも異なってきますから、自己に適したサイトを選択するようにしましょう。

 

・YouTubeに動画投稿

 

YouTubeに動画をアップすることを専業とするYouTuberは今やすっかりおなじみとなりました。

若い世代の間では人気職種の上位を占めています。YouTuberはYouTubeに動画投稿を行い収益を上げる職業です

YouTubeに動画を投稿することを趣味にしている人も多い反面、本業として稼いでいる人も一定数存在しており、なかには何億もの年収を得ている人もいるほどです。

YouTubeで稼ぐためには、設定のほかは、単に動画ファイルをYouTubeにアップするのみです。

本格的なカメラを購入する必要はなく、スマホ1つで稼ぐことも充分に可能です。

もちろん、急に何億も稼げるようなことはないですから、最初のうちは数万円程度のわずかな収入を目標とし徐々に高い報酬を得られるように努力していきましょう。

YouTuberの大部分はあまり稼げていないのが実情ですが、あまり欲張らず数万円程度を目標として初めてみてはいかがでしょう。

 

・ストックフォト

 

ストックフォトは写真やイラスト、動画などのコンテンツの販売サイトです。

自分で売るよりもストックフォトを介したほうがより多くの需要に供給することができます。

ストックフォトの報酬形態は、ダウンロード数で変動しますが、5,000円の単価のものであれば、150円ないし2,500円ほどの収益となるようです。

仮に1日10枚ダウンロードされれば、1,500~25,000円の収益になりますから、あなどれません。

そのほか、敢えてストックフォトを介さず自己のサイト上でグーグルアドセンスにより収益を得て、訪問者に無料ダウンロードさせる方法もあります。

アーティスト志望やイラストや写真が趣味であれば、おすすめできます

ストックフォトで効率よく収益を上げるためには、ジャンルに見合ったものを投稿する必要がありますが、

上記でも述べたようにアドセンスに知悉していれば、無料でダウンロードさせるのも良いのではないでしょうか。

無論ストックフォトで短期間で成果を上げようとすれば、あらかじめストックがなければなりませんから、急遽資金を所望している場合は、そのほかの方法を検討してみるといいでしょう。

 

 

 

合法的に現金を手に入れる方法【番外編】

 

 

・クレジットカードの現金化

 

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れる方法です。

キャッシュバックや買い取りなどの方式を持つ現金化業者を利用する方法と、自身で一旦金券などの商品を購入しそれを売却する方法があります

前者は手数料が、後者は売却する時に値下がりする事でどちらも本来のショッピング枠から減額された金額となります。

しかしこの手法はクレジットカードの利用約定に反するものであり、現金化の事実がカード会社に発覚した場合、利用停止処分が下される可能性があります。

また法的にもグレーゾーンである事から今回は番外編として紹介しています。

 

 

 

 

 

 

【まとめ】合法的に現金を手に入れやすい時代

 

最近では社内規則で副業を可とする企業も増加傾向にあります。

副業を認める企業は大手企業の傾向が強く完全な普及とは言い難いものの、こっそりと副業を行っている方は少なくありません。

既に仕事をしている方はこのチャンスに乗らない手は無いでしょう。

また、販売サイトやアプリなどは個人向けのものが次々と登場する現在は、どのような方でも現金を手に入れやすい環境にあると言えるのではないでしょうか。

ある程度のスキルやノウハウは必要となりますが、是非ともチャレンジしてみては如何でしょうか。

 

いかがでしたでしょうか?

何か不明な点等が有れば、お気軽にメンターキャピタルまでお問合せ下さい!!