売掛金売買ファクタリング

ファクタリングとは?

会社の資金繰りでお悩みの事ございませんか?

会社運営において資金調達を行う際、スピードや取引先との信頼関係など様々なお悩みを抱えていらっしゃる経営者の皆様からのお問合せを数多く頂きます。

  • 「資金調達をしたいけれど、金融機関の融資を断られてしまった…」
  • 「早急に資金調達を行いたい。」
  • 「取引先にの信用を失いたくない…」

日本の企業は特に、取引先(売掛先)会社との信頼関係を失いたくないがために、資金繰りに困っているそぶりを見せないように工夫していることが数多くあると思います。

ファクタリングは借入ではありません!

ファクタリングとは、企業が保有する売掛債権をファクタリング会社が事前に買い取ることによって本来の入金日を待たずに資金調達の出来るシステムです。

Menter Capitalで行うファクタリングは、通常の融資や貸付、ビジネスローンなどとは全く違う、売掛債権売買契約ですので、一切、負債(借入)になりません
赤字決済・債務超過・税金滞納・個人事業主様も柔軟な対応で、最適なプランで積極的に買取りさせて頂きます。

会社内容より売掛先様の内容を重視!

金融機関が行う融資とは異なり、売掛債権売買契約でのお取引となりますのでお客さまの会社内容ではなく、売掛先様の内容を重視し審査をさせて頂いております。
借入件数・借入内容・決済内容等の審査に不安がある方も安心してお申込みいただき、ご利用いただけるサービスとなっております。

取引先に知られずに!

取引先に資金繰りに関して知られてしまうのでは?と不安になっている方もご安心ください!
Menter Capitalのファクタリングサービスは2社間取引での契約となりますので、弊社と取引先様が連絡を取ることは一切ございません

取引先に知らずに資金調達を行いたい方も安心してご利用いただけるサービスとなっております。

3社間ファクタリング取引

3社間ファクタリング

メリット

2社間ファクタリングと比較すると買取り金額が高く設定されます。
また、弊社がお客さまに代わって、売掛先様とで請求業務一連の手続きを行いますので、事務作業が軽減されます。
※ 社長様自身が請求業務を行っている企業様は、本業に専念することが可能です。
※ 売掛先様へは御社の資金繰りに関する事は一切話をしません。

デメリット

売掛先様との話し合いにおいて、打診をしてから口座変更の承諾書を頂くので、資金調達までに多少時間が掛かってしまいます。

2社間ファクタリング取引

2社間ファクタリング

メリット

売掛先様への通知義務が不要で、売掛先様の承諾が無くてもご利用出来ます。
※条件によっては売掛先様へ通知を行う場合もございます。

お客さまとMentorCapitalとの契約となり、売掛先様の承諾を必要としない為スビーディな対応が可能となります。
早急な資金調達が必要な際には、即日対応が可能な2社間取引をご案内させて頂くことがございます。
売掛先様からしても支払いサイト・口座変更する必要も無く、今まで通りの支払いサイトにて入出金の処理が出来るので、こちらの資金状況を知られることもなく、手間をお掛け致しません。

デメリット

売掛先様の与信調査の結果により、3社間ファクタリングと比べると買取り金額が低く設定されてしまう場合がございます。